Q.1 はじめて夏オケに参加したときのきっかけは?
第1位 先輩に誘われた (ほぼ全パート)
第2位 医オケでの大編成な演奏にあこがれた(Tp)、部活にはないパート(Tuba)

Vn:入学したときから医オケに興味があり、第35回のときにVnパートのパートリーダーを務められていたのが女子医の先輩だったため夏オケに初参加させていただきました!(そしてそのときのメインも惑星でした)
Fl:西オケ(西日本医科学生オーケストラフェスティバル)に参加した際先輩に誘われた
Tp:入学後,自分の所属団体だけでなく,大編成の曲も演奏してみたい!という思いから迷わずエントリーを決めました。1年生で参加した曲目は1812年,ローマの祭り,惑星と,ラッパ吹きとしては楽しみな曲目ばかり。指揮者の先生も昔から好きだったマエストロで,N響をはじめとする先生方にご指導いただけるのも魅力でした。
Hr:大学2年生のときに、東京医科大学のエキストラに行ったところ、第35回夏オケのホルンパートリーダーがいて、誘われるがままわけもわからずエントリーしたのが始まりです。初参加のときのメイン曲も惑星だったので、今回6年生でパートリーダーとして惑星を演奏し卒業するというのは、感慨深いものがあります笑
Perc:1年生の時(夏オケのパトリであった)直属の先輩に誘って頂いたのがきっかけです
Cl:先輩に誘われて西オケに参加し、「こんな楽しいイベント年1回じゃもったいない!」と思い、同じ合宿形式の夏オケに参加しました。
Trb:千葉大が主管だったので、先輩に誘われて参加しました!
Cb:西オケの民に勧められて!
Va:先輩に誘われて参加しました
Ob:先輩に誘われて
Vc:夏オケの存在を知っていた友達に誘われて
Fg:先輩に誘ってもらいました
Tuba:自分の大学の部活にはTubaパートが存在しないので、自分で調べて乗ってみたのがきっかけです。

Q.2「夏オケのここが好き!」を100字以内で語ってください!
第1位 全国の音楽の仲間と出会えるところ!偉大な先生方のご指導をうけることができるところ!(ほぼ全パート)
第2位 先生方の素晴らしい指導が受けられる(Vn,Fl,Hr,Perc,Ob,Fg)
第3位 飲み会も楽しい!(Fl,Fg,Tuba)

Vn:1年に1回の大イベント、夏オケ!夏オケのない夏休みなんて考えたこともないくらい充実していて楽しくて…全国の医療系学生と仲良くなれる、素晴らしい先生方のご指導を受けることができることが最大の魅力です♡
Fl:素晴らしい指揮者、トレーナーの先生方にご指導していただけるところ!音楽漬け(+飲み会)の8日間を過ごせるところ!全国に医オケ仲間ができるところ!
Tp:夏オケは,全国から集まる医療系のメンバーが,最終日にはお互いのことを知り,励ましあい,ともに音楽を分かち合う仲間になるという魅力があります。
Hr:『夏オケにしか出せない音』があります。それは偉大な先輩方と指導してくださるトレーナーの先生、39年間の夏オケの歴史が作り上げてきたものであり、それこそが夏オケの魅力だと思います。
Perc:一流の先生方の本物の音が間近で聞ける上、素晴らしいレッスンが受けられる事!そしてメンバーの誰もが先生方の音に近づく努力を重ね、仕上がった特上の音がハーモニーになる、これぞオーケストレーション!
Cl:なんといっても普段会うことができない素敵な仲間と演奏できることです!地方だと参加できる演奏会はそう多くないですが、合宿型の夏オケは遠くても参加しやすいので日本全国に楽器仲間ができます!
Trb:楽器を好きな人が集まってできるオーケストラです。夏オケには毎年参加しているけど一度として同じ瞬間がないことが好きです。
Cb:夏オケが無かったら、会うはずのなかった仲間たちと音楽を作り上げられるところです!同世代の仲間と音楽、そして合宿を通して仲を深められるのは夏オケならではでしょう。
Va:初めて会った人とでも毎日一緒にいるから仲良くなれるところ!聞きたいことがあっても周りの人にも先生にもすぐに聞ける!
Ob:素晴らしい先生方にご指導いただけること。そして、ステキな仲間達と音楽ができて、朝まで語り合えること!!
Vc:約1週間で大切な仲間ができるとこ!夏オケが終わっても連絡取ったり遊んでしてます♪
Fg:先生方の熱いご指導の元、全国各地から集まった仲間たちと音楽のことだけ考えられる1週間!なので沢山刺激を受けて楽器が上達するところと友達が沢山増えるところが好きです!あと飲み会が毎回とても楽しいです☺︎
Tuba:日本全国の医療系学生の先輩・同輩・後輩達と音楽ができて飲めること!

Q.3 第39回夏オケのプログラムのここがスゴイ!
❏ 惑星は全てを圧倒する荘厳な旋律がすごい!
❏ 狂詩曲スペインはキラキラワクワクカラフルポップですごい!
❏ ロミオとジュリエットはロマンチックすぎてもはや昇天!
❏ この三曲を選んだセンスがそもそもすごい!飛んで埼玉!

Vn: 狂詩曲スペイン、ロミオとジュリエット、惑星…どれもVnパートとしてはやりたくてたまらない曲です!有名でやりがいあるプログラム、ぜひ一緒に芸劇で演奏しましょう♡
Fl:今年のフルートパートは協力プレイが多めで素敵!!!!!!!!!!
Tp:やはり何といっても惑星は大曲!オーケストラ全体でなる大迫力のサウンドも魅力ですが、ホルストの作品の中で最も鮮やかな色彩感、オーケストレーションがこの曲の醍醐味だと思います!
Hr
狂詩曲『スペイン』(E.シャブリエ)
 演奏会の幕開けにふさわしい華やかな曲です!!
 ホルンはかっこいいソロもソリもあって大活躍!!
 色気たっぷりに吹きます!
ロメオとジュリエット(P.チャイコフスキー)
 言わずとしれた名曲です。
 なんといっても中盤のほるんのオブリガードがかっこいいです!
組曲『惑星』(G.ホルスト)
 ほるんといえば!となるほどの曲ですね!
 超有名な『木星』にかかわらず、全曲通してほるんが大活躍します。
 個人的には『天王星』がイチ推しです!
 お客様に『木星』だけでなく、その他の曲もめっちゃいい曲だなと思ってもらえるような演奏会にしたいと思っています。
Perc:ズバリ‼︎今年の夏オケの選曲センスでしょう! 三曲に共通する壮大で自由で機知に富んだテーマが夏の一夜の演奏会にはピッタリな事と、各曲打楽器も活躍の場面が多い事に今からワクワクしています。企画を進めてくれた順天堂大学さんには感謝感謝です‼︎
Cl:個人的イチオシは幻想序曲「ロミオとジュリエット」です!クラリネット吹きなら誰しも一度は冒頭部分を完璧に揃えたい衝動に駆られるのではないでしょうか!?曲のスタートを切る重要な箇所、腕が鳴ります!もちろん他のプログラムも注目ポイントいっぱいです!
Trb:メインの惑星は、トロンボーンが大活躍します!前プロも中プロもそこでしかできないアンサンブルがある魅力あるプログラムになってます!絶対楽しいです!
Cb:なんと言っても惑星の全てを圧倒するスケールの荘厳な旋律を聴いて欲しいです。そしてコントラバスも裏で時たま面白い動きをしていることがあるので、ぜひ注目してみてください!!
Va:ロミオとジュリエットの第二主題(コーラングレとのメロディ)はヴィオラを弾いてて良かったと思えること間違いなしです。
Ob:惑星:全曲やれる機会なんてなかなかない! ロミオとジュリエット:木管のコラールで昇天! 狂詩曲スペイン:ワクワクして楽しい!
Vc:スペインはキラキラしたとっても楽しい曲です♪ロメオとジュリエットはチャイコフスキーらしい弦楽器のロマンティックなメロディーに注目してください!!惑星は何と言ってもあの有名な木星でしょう!!木星は誰しもが聴いたことあるはずだし、火星のコルレーニョがかっこいいと思います!!
Fg:カラフルポップなスペイン、美しくロマンチックな悲劇の物語ロメオとジュリエット、そして誰もが聴いたことのある木星や火星を含んだ迫力と魅力満載の惑星!聴くのも演奏するのも楽しいプログラムとなっております(^^)
Tuba:惑星では有名なメロディーを一部担当しますが、やはりTubaの醍醐味?は上のパートを支えてる感を味わうこと!今年は「翔んで埼玉」が話題を呼びましたが、目立った魅力が少ないのが魅力!まさにTubaは埼玉県みたいな楽器ですね!ちなみに僕も埼玉県民です。