和久井 仁


オーボエを故似鳥健彦氏に師事し、1989年東京芸術大学入学。
同校ではオーボエを小島葉子、小畑善昭の両氏に、また室内楽をH・ピュイグ・ロジェ、中川良平、山本正治の各氏に師事。
同大学を卒業後、東京佼成ウインドオーケストラに入団しオーボエ奏者とアシスタントコンサートマスターを務めた。
2001年4月からは愛知県立芸術大学音楽学部の専任講師として勤務した後、2004年4月よりNHK交響楽団へ入団し、オーボエ&イングリッシュホルン奏者を務めている。
現在、東京藝術大学・桐朋音楽大学オーケストラアカデミーの非常勤講師。トウキョウモーツァルトプレーヤーズのメンバーも兼任。
1995年より、全日本医科学生オーケストラフェスティバル、1996年より西日本医科学生オーケストラフェスティバルの木管トレーナーを、また近年では東京女子医科大学室内管弦楽団、医オケOBを中心として結成されたオーケストラWの指揮者も務めている。