長谷川 正規

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京藝術大学を卒業後、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。学部在学中に安宅賞を受賞。松尾葉子指揮藝大フィルハーモニア、故岩城宏之指揮オーケストラアンサンブル・金沢とR.V.ウイリアムズのテューバ協奏曲を共演。また、台湾・国家音楽庁にて実践大学吹奏楽団とE.グレグソンのテューバ協奏曲を共演。これまでにテューバを稲川榮一氏に師事。東京藝術大学指揮科教育研究助手、埼玉芸術総合高等学校音楽科非常勤講師などを経て、現在、上越教育大学大学院学校教育研究科准教授。