富久田 治彦

フルートを12歳で始め、川瀬瑩公氏、伊藤公一氏に師事する。
京都市立芸術大学を経て、1988年同大学院を修了。修了に際し大学院賞を受賞。
在学中に第3回日本フルートコンヴェンションコンクール第1位。NHK洋楽オーディションに合格。
1989年名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団。その後、第1回日本木管コンクール第2位。1991年にはバロックザールでのリサイタルが評価され、青山音楽賞を受賞。1995年アフィニス文化財団海外研修員に選ばれ、アメリカ合衆国へ留学。ミッシェル・デボスト氏、フェンヴィック・スミス氏らのもとで研鑚を積む。

ソリストとして、名古屋フィルハーモニー交響楽団と共にイベール、ライネッケ、ニールセン、モーツァルト、J.S.バッハ、武満など協奏曲等を数多く演奏している他、宗次ホール主催「富久田治彦プロデュースによる室内楽シリーズ」やリサイタル、アジア・フルート・コングレス、日本フルート・コンヴェンション、および日本各地で開かれるフルート・フェスティバル等で活躍している。
昨年2018年は国立台南大学に招聘され、マスタークラスや講演、モーツァルトの協奏曲を演奏した。また韓国釜山市で開かれたアジア・フルート・コングレスではファイナルコンサートの指揮者を務めた。幅広い活動を国外にも展開している。

日本音楽コンクール、日本木管コンクール、全日本吹奏楽コンクール等審査員を歴任。
現在、名古屋フィルハーモニー交響楽団首席フルート奏者。
京都市立芸術大学、椙山女学園大学非常勤講師、アジア・フルート連盟常任理事。