下田 太郎


沖縄県生まれ。
東京コンセルヴァトワール尚美(当時)卒業。同校ディプロマコースを修了。
第11回及び第14回日本管打楽器コンクール第3位。
第67回日本音楽コンクール第3位。
(財)神奈川フィルハーモニー管弦楽団の契約団員を経て、現在は『琉球フィルハーモニックオーケストラ』客演首席ホルン奏者。
『The ORCHESTRA JAPAN』団員。
尚美ミュージックカレッジ専門学校のホルン科とオーケストラの講師。国内外の多くのプロオーケストラ、吹奏楽団での客演やエキストラ参加も多く、エキストラ首席も数多く経験している。
また、ナチュラルホルン奏者としても積極的に活動し、多くの古楽団体の演奏活動に参加しており、その演奏を録音されたCDも多く発売されている。これまでにホルンを故・黒澤勝義、大野良雄、澤敦、山岸博の各氏に、室内楽を中川良平、佐野日出男、稲川榮一、島田俊雄の各氏に師事。